ムトウ音楽メソッドHOME english page japanese クロマチックミュージックラボ

世界が注目した新配列鍵盤、ムトウ式鍵盤楽器
「クロマトーン」

クロマチックキーボード

半音配列+全音配列の鍵盤

ムトウ音楽メソッドが新しく開発したものは、ムトウ記譜法(ムト譜)だけではありません。全く新しい鍵盤スタイル(半音配列+全音配列の鍵盤)である、ムトウ式鍵盤楽器「クロマトーン」の開発も行いました。
クロマトーンの最大の魅力は、この鍵盤配列と鍵盤形状です。音楽をさらに身近にするためのいろんな構造が隠されています。

ムトウ式鍵盤楽器「クロマトーン」の鍵盤配列の仕組み

クロマトーンの鍵盤配列の仕組み
※全音音階鍵盤は「Wholetone Revolution」では6列、
「CHROMATONE CT-312」では5列となっています。

クロマトーンは黒鍵・白鍵の区別をなくした新配列鍵盤となっています。全音鍵盤が6列、その上には、くし状の半音鍵盤が並んでいます。全音鍵盤は1列ごとに横にずれて配置されているため、横に弾いていくと全音音階、斜めに弾いていくと半音階になるという仕組みです。

このような配列の結果、例えばコードの場合、2つのコードフォームを覚えるだけでほとんどの曲の伴奏が可能となります。

まずは「ピアノ鍵盤」と「ムトウ式鍵盤」を比べてみましょう。
ここでは3つのコード、「C」「C♯(またはD♭)」のメジャーコードと「Dm」のマイナーコードを例に検証します。(下図参照)

ピアノとクロマトーンの違い
ピアノ鍵盤では、コードの種類が違う「Dm」のマイナーコードと「C」のメジャーコードが、平行移動させたかのような押さえ方になっています。

① ピアノ鍵盤

メジャーコードマイナーコードをマスターしようとすると、全12調(メジャーコード12個、マイナーコード12個=24個)のコードフォームを覚えなければなりません。多すぎて、途中であきらめてしまった人はいませんか?

② ムトウ式鍵盤

メジャーコードを1つ覚えてしまえば、あとは平行移動するだけ。
マイナーコードでも同じです。
2つのコードフォームをマスターすれば、そのままフォームをずらすだけ。簡単に弾けます。

ピアノは移調・転調の難しい楽器である

 音楽を自由に演奏するために、最も重要な要素の一つとして、「移調・転調」があります。
しかし、ピアノは調によって弾き方がまったく異なるため、移調・転調をマスターするには12の調すべての弾き方を覚える必要がありました。移調・転調が自由に、しかも簡単にできるピアノを作れないだろうか?それが、ムトウ式鍵盤開発のきっかけの一つでした。

ピアノでの移調・転調を難しくさせている原因は、白鍵と黒鍵が不規則に混在した配列であることに尽きます。ピアノは12平均律と呼ばれる、1オクターブを12等分し、隣同士の音の距離(音程)を半音に均等化した調律方法に基づいて作られた楽器です。 つまり、1オクターブには半音ずつ上っていく12段の階段があるということです。(下図参照)

12平均律

この12平均律の誕生によって、同じ曲を12通りの調で弾くことができたり、曲の途中で転調できるようになりました。それは音楽家や作曲家にとって、音楽の可能性を無限に広げる画期的な方法だったのです。(下図参照)

1オクターブは半音階の階段

しかし・・・

ピアノは、音楽を自由にする「移調・転調」に適さない楽器なのです

ピアノではハ長調、つまり白鍵でドレミファソラシと弾くぶんには簡単ですが、(下図参照)

ピアノ鍵盤

他の調で演奏しようとすると途端に難解になります。

調が変わると不規則に黒鍵が入り交じってしまい、音と音の距離感もつかめず頭が混乱してしまいます。同じフレーズにもかかわらず、弾き方が調によって変わってしまうため、ピアノを弾きこなすためには12の調で違った弾き方を覚える必要があります。黒鍵が入ると急に難しく感じるのはそのためです。黒鍵さえなければ…と願った人はたくさんいるでしょう。(下図参照)

ピアノは、ハ長調を基準にした固定ド楽器であるために、12の調全てを自在に弾くことが困難となってしまうのです。この「移調の難しさ」を克服するために、多くの音楽家たちはトレーニングを強いられてきました。

ピアノの鍵盤を見ていると、黒い色の鍵盤はどこか居場所がないように思えませんか?(下図参照)

黒鍵の呼び名
1オクターブにはド、ド♯(またはレ♭)、レ、レ♯(またはミ♭)、ミ、ファ、
ファ♯(またはソ♭)、ソ、ソ♯(またはラ♭)、ラ、ラ♯(またはシ♭)、シという
12の音がありますが、たとえば「ド♯はドに付随した音」という印象はありませんか?

本来12の音には優劣はなく、それぞれが独立した音です。しかし、黒鍵の音には決まった呼び名がありません。
さらに、ピアノの白鍵黒鍵の配列では音と音の距離が不明瞭なので、頭の中は混乱するばかりです。(下図参照)

矛盾を生むピアノ黒鍵
a〜b〜c は同じ音程(距離)なのにピアノ鍵盤上では、弾く距離間隔が全く違って見えます

これらのようなことから、「黒鍵が入る曲は難しい」「ピアノは難しい」という意識を生んでいるのです。

移調・転調が自由にできるクロマトーン

クロマトーンは「移調・転調」を難しく感じることはありません。

それでは、ピアノと同じようにクロマトーンで検証してみましょう。 
ハ長調〈ドレミファソラシ〉の音階を弾くとこのようになります。(下図参照)

クロマトーン

他の調ではどうでしょうか?
同じフレーズであれば、調が変わっても弾き方が同じであるため、1つの弾き方を覚えるだけで、12の調で弾くことができます。そのため移調・転調を難しく感じることがありません。(下図参照)

クロマトーン

クロマトーンは、移動ド楽器であるために、基準の調というものがありません。そして12の調全てを自在に弾くことが簡単にできるのです。「移調の難しさ」を克服するための、トレーニングも必要ありません。

さらに、ピアノでいう黒鍵の音にもそれぞれ独立した音名をつけました。(下記参照)

黒鍵の音に《ディ、メ、 フィ、ル、セ》という固有の音名をつけました。
半音階も《ド・ディ・レ・メ・ミ・ファ・フィ・ソ・ル・ラ・セ・シ》と、 滑らかに読めるようになりました。

クロマトーンだと、音と音の距離も明確にわかります。(下図参照)

クロマトーンで弾く場合、耳で聴く音の距離(音程)と、鍵盤上の目で見る音の距離(音程)が一致するので、混乱することもありません。

pagetop